rogo小.png

​2020年11月14日 開催決定

チーム戦(ペア部門・トリオ部門)新設

第6回びわ湖バレイスカイランは、11月14日の「バーティカル(駆け登り)」のみの開催とすることを決定いたしました。スカイレースのすれ違い時の飛沫感染のリスク、及び、滞在長期化による参加者の皆様及びスタッフの感染リスクが高まることが、バーティカルのみの開催とした理由となります。ご参加を予定していた皆様にはご理解いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。規模を縮小した分、皆様に安心してご参加いただける大会を準備いたします。2020年もびわ湖の空に駆け登りましょう。ご参加をお待ちしております!!(大会実行委員 一同)

2020.11.14 ​VERTICAL
初級:打見バーティカル(駆け登り)+900m 4.3km

2021.XX.XX ​SKYRACE
中上級:蓬莱スカイレース(登り&下り)±1300m 13.5km

PARTNERS

 

TOP PARTNER

コロンビアモントレイル-1.png

CORPORATE PARTNERS

PARTNERS

Boa_Primary_Logo_Black.160×160-1.png
ESSロゴ160×160.png

​ABOUT

 

FROM LAKE TO SKY

日本一のびわ湖天空へ駆け登る

​日本一の景観を誇る「びわ湖バレイ」の山頂まで駆け登る、スカイランニング(快速登山・登山競走)の大会です。2日間で初心者向きのバーティカル、中・上級者向きのスカイレースの2種目を開催します。
※2020年はバーティカルのみの開催となります。

LOGO_SKYRUNNER_COUNTRY_SERIES_JAPANB&W_P

SJS GRAND FINAL

スカイランナージャパンシリーズ最終決戦

「一般部門」と同時に、上級者限定の「エリート部門」も設置します。スカイランナージャパンシリーズ最終戦です。西日本で国内最高レベルのアスリートたちのパフォーマンスを観戦するできる唯一の機会です。
※2020年はジャパンシリーズの中止に伴い最終戦ではありません。

point 1

​開催地は「びわ湖テラス」で有名なびわ湖バレイ。オシャレなカフェやレストランも併設されており、レースだけでなく、関西随一の美観を楽しみながら一日を過ごすことが出来ます。

point 2

家族や仲間で応援するのも楽しいレースです。コースはびわ湖バレイのロープウェイ沿いに設定していますので移動も楽チン。観客も主役のヨーロピアン・スタイルの山岳レースです。

point 3

参加者全員にロープウェイ・チケットをプレゼント(バーティカルは下山用に片道分、スカイレースは本人or応援者用の往復分1枚)。日本一の高速ロープウェイも楽しみのひとつです。

 

​VERTICAL

2020.11.14 ​VERTICAL
初級:打見バーティカル(駆け登り)+900m 4.3km

₊900mの垂直マラソン

あべのハルカス3本分を駆け登る

​びわ湖バレイ・ロープウェイ山麓駅付近(11番駐車場)をスタートし、ロープウェイ山頂駅のある打見山(標高1108m)の山頂がゴールになります。距離4.3kmで標高差900m。なんと、日本一の高さを誇る「あべのハルカス(高さ300m)」3本分の標高差となります。

山岳初心者も安心

​下りは楽々ロープウェイ

下りは苦手という方もご安心ください。ゴールにたどり着けば、下りはロープウェイで楽々下山が出来ます。制限時間も2時間たっぷりなので、ほぼほぼ歩いてもゴールできます。これから山岳ランニングをやっていきたいという初心者の方にもおススメの種目がバーティカルです。

※11月下旬のびわ湖バレイは、低温であり、積雪・凍結する場合もあります。山岳初心者でも必携装備の準備は、あらかじめしておきましょう。

山のマナーと安全についての基本的な知識を教える動画です。スタッフのいない下見は危険・自己責任が伴います。まずは経験者と登りましょう。

 

​SKYRACE

参加予定の方は必ずご確認ください。

2021.XX.XX ​SKYRACE
中上級:蓬莱スカイレース(登り&下り)±1300m 13.5km

​※2020年はスカイレースは実施しません

真の山岳レースに挑む

日本300名山・蓬莱山との勝負

登山の醍醐味の基本は、シンプルにひとつの山岳を攻略すること、そして、テクニカルなルートをスムーズに攻略することにあります。無駄な距離稼ぎは無し。目の前に高く聳える蓬莱山(標高差1174m)と真正面に対峙できる「真の山岳レース」となります。

山岳上級者も大満足

​日本で最も爽快な山岳レース

蓬莱山の爽快な景観は関西随一といえます。空と地球が出会う場所へ駆け登るスカイレースの醍醐味は山頂からのダウンヒル。ゲレンデ→階段→登山道と変化に富んだサーフェイスのコース(標高差1000m)を一気に駆け下ります。山岳の透明な風になった爽快感を味わえるでしょう。
 

※体力や技術にあったペースで「無事下山」することが何よりも大事です

​※バーティカル・スカイレース2日間のコンバインド表彰もあります

ELITE【GRAND FINAL】​

 

No.1 スカイランナー決定戦

​スタート地点に立てるのは真のエリート限定

​バーティカルとスカイレースの2種目において、2019シーズンの成績で選抜されたアスリートのみがスタートラインに立てる「エリート部門」を実施します。これは、2019スカイランナージャパンシリーズのグランドファイナル(最終戦)であり、このレース結果を受けて、2019シーズンランキングが決定します。バーティカルは一般部門と同じコースを時間差をつけて一斉スタートします。スカイレースは一般部門よりも難易度の高いコースを設定します(ISF基準を満たしたコース設定です)。

​ENTRY

 
rogo小.png

​2020年11月14日開催決定

参加者募集中
先着300名限定

SPORTSENTRY.png

スポーツエントリーにてエントリーを受け付けます。

​当日お車でお越しの方は、エントリーの際、駐車券の申し込みが必要になります。(駐車場料金1台1,000円)

参加通知メールと同時に、駐車票(PDFデータ)をお送りしますので、印刷をした後、びわ湖バレイ来場時には車外から見える位置に置いてご通行ください。

【エントリー手続きについて】

1.スポーツエントリーより参加申込の手続きをしてください。

 ※スポーツエントリーの登録をされていない方は、メンバー登録をする必要があります(無料会員登録)

2.お申込み・入金完了後の流れ

大会開催3日前と大会前日(予定)に順次、申込代表者様宛に参加通知の案内メールを送信予定です。(※郵便での通知はありません)

大会事務局からの参加通知証(最終案内)となりますので、必ずご確認ください。

大会前日に送信するメールには、体調確認と参加同意確認がありますのでそちらにチェックの上ご参加いただきます。

◆メール未着の方→マイページに、配信内容を掲載していますので、ご確認ください。(申込代表者に限る)

◆マイページで確認ができない方は、スポーツエントリーまでご連絡ください。

 

3.大会当日の受付方法

※スポーツエントリーからのメールがパソコン専用アドレスへ届いている場合は、スマートフォン対応アドレスへ転送し、

スマートフォンで見られるようお願いいたします。

【受付手順】 ※必ず当日受付にスマートフォンをご持参ください。

1)会場にて、メールに記載されている電子チケットのURLを開いてください。

2)ご自身のお名前が記載されたチケット画面を開いてください。

3)内容チェック完了後、スマートフォン画面に係員が電子スタンプを押印いたします。

4)ゼッケンを受け取ってください。

 ※電子チケットのスクリーンショットでは押印ができません。スクリーンショットは使用しないでください。

 

●スマートフォンをお持ちでない方または、電子チケットのURLを開けない方●

お送りしたURLをパソコンで開くとPDFの「印刷チケット」がプリントアウトできます。

大会当日、受付の際は「印刷チケット」をご持参ください。

 

 

​※注意点

・参加者は駐車場料金が1,000円(1台)となります。自家用車でお越しになられる予定の方はお申込みの際に必ずオプションにてご選択ください。参加通知メールと同時に、駐車票(PDFデータ)をお送りしますので、印刷をした後、びわ湖バレイ来場時には車外から見える位置に置いてご通行ください。

・自家用車でお越しになる方は指定された駐車場(参加者専用駐車場(11番駐車場))に停車してください。

・大会参加者専用の送迎バスはありません。京都市内などからのアクセスは公共交通機関をご利用ください

・週末のため会場周辺が混雑する場合もありますので、早めにお越しください。

新型コロナウィルスの感染防止対策にご協力ください。マスクのご持参とご着用、及び、身体的距離の維持、手洗い等の励行をよろしくお願い致します。

​アクセス・駐車場について(詳細)

​会場の「びわ湖バレイ」へは自家用車、もしくは、公共交通機関(電車+バス)でアクセスできます。

ACCESS

 

​CONTACT

​SKYRUNNING JAPAN

〒386-0023
長野県上田市中央西1-14-8

TEL:0268-71-7715(平日10時~17時)

  • White Facebook Icon
  • White YouTube Icon
GET IN TOUCH

 

© 2020  BIWAKO VALLEY SKYRUN